新聞紙を材料とした古紙炭作成キット「古紙の炭」
デザインオフィス・エムの「古紙の炭」を利用した、
新聞紙を材料とした紙炭制作の方法(参考例)

注・下記の記載については、あくまでも参考例であり、
紙炭の作り方を限定するものではありません。



新聞紙(新聞紙1枚で「古紙の炭」が1個作れます)


「古紙の炭」(古紙炭作成キット)を使った、新聞紙を材料にした「炭」の作り方(例)
1)まず最初に、用意していただいた新聞紙(全紙:1枚)を、
  細かくちぎったものをボウルやバケツなどで
  水に浸けてふやかします。
 (最低30分。丸1日以上浸けておくと、とても扱いやすくなります。)
2)細かくちぎって水に浸けておいた新聞紙
 (全紙:1枚分)を、全て水から取り出し、
  軽く搾って水を切ります。
3)水を切った新聞紙(全紙:1枚分)をカップに入れて、
  粉(小麦粉と片栗粉を混ぜ合わせたもの)を
  ティースプーンに1/4ほどとって加え、
  割り箸でよく混ぜ合わせます。
  かき混ぜるというよりは、上から突ついて
  新聞紙の繊維をグチャグチャにする感じです。
  粉は、新聞紙を混ぜ合わせて固めるための
 “つなぎ”の役目をしてくれます。
4)新聞紙に印刷されている文字が判らなくなるくらい
  グチャグチャに混ぜ合わせたら、カップから取り出し、
  両手で固く搾ってよく水を切ります。
5)両手の手のひらで
  四角いおにぎりを作るようにして新聞紙を固め、
  新聞紙の上に置いた木枠のまん中に置きます。
6)木枠を押さえながら、新聞紙の固まりを、
  木枠の角に押し込むように、指で枠の中に
  押さえつけていきます。
 (下に敷いた新聞紙に、余分な水分を吸い取らせながら
  押さえつけていきます。)
7)木枠と新聞紙の固まりを一緒に裏返して、
  反対側からも隙間ができないように
  木枠のカタチにに合わせて押さえつけます。
8)木枠の4つの角全てにしっかりと新聞紙が入ったら、
  上から加圧用木材をあてて体重をかけ、
  余分な水分を押し出すとともに、
  木枠のカタチに新聞紙の固まりを成型します。
 (にじみ出た余分な水分は、布などで吸い取るとよいです。)
9)裏返して同じように、
  上から加圧用木材をあてて体重をかけ、
  余分な水分を押し出すとともに、
  木枠のカタチに新聞紙の固まりを成型します。
  このようにピッチリと成型することができます。
10)新聞紙の固まりが、木枠のカタチに成型されましたら、
   木枠ごと持ち上げ、上からあてている加圧用木材を押し込んで、
   新聞紙の固まりを木枠から外に押し出して取り出します。
11)木枠から取り出した新聞紙の固まりは、
   この状態で水分が抜けるまでよく乾燥させます。
  (拡げた新聞紙などの上に置いて天日干しにすると、
   一昼夜ほどで水分が抜けます。)
12)水分が抜けて乾燥すると、水分がなくなった分、
   新聞紙の固まりが軽くなって少し小さくなり、
   色も白っぽくなります。
13)乾燥させた新聞紙の固まりを、
   本体と上蓋を間違えないように、
   金属製炭窯(本体+上蓋)に入れて、熱します。
  (注:熱する際に金属製炭窯の
   上下を間違えないようにしてください。
   穴が空いている面が上になります。
   金属製炭窯は、上蓋よりも下の本体の方が
   大きなサイズとなっています。)

14)炭火やたき火の上に金網を置いて、熱します。
   銀色の表面をしている金属製炭窯ですが、
   熱せられることによって、黒く変色していきます。
  (黒く変色した後も問題なくくりかえし使用できます。)
   炎につつまれるほど熱源に近付ける必要はありません。
   ただし、新聞紙が金属製炭窯の中で蒸し焼き状態にならなくては
   炭になりませんので、炎から遠ざけ過ぎて
   金属製炭窯の中の温度がなかなかあがらないようでは
   炭になるのに時間がかかってしまいます。

  (※ガスコンロを使って熱してもO.K.です。
   その場合には、ガスコンロの炎を、
   炎の先端が金属製炭窯の底に触れるか触れないか程度の長さに
   調節してください。)

15)新聞紙の固まりを入れた金属製炭窯を熱している段階で、
   上手く中まで熱が届いている場合には、
   5分もすると、金属製炭窯の天面の穴や上蓋と本体の隙間から、
   白い煙が出てきます。

  (この煙は新聞紙の中に残った水分が水蒸気となったものと、
   新聞紙が熱せられたことで新聞紙から出てくる
   可燃性のガスです。)

   炎から近い所で熱している場合には、この白い煙に炎が
   移って燃えることがあります。
   しかし、金属製炭窯の中の新聞紙の固まりにまで
   燃え移ることはあまりありませんので、
   そのまま炎が燃えていても大丈夫です。
16)およそ30〜40分で、白い煙がでなくなってきます。
   炎がついている場合にはその炎が消えていきます。
   こうなったら、新聞紙の固まりの中にあった
   燃えるガスが全て出尽くした証拠です。
   トングなどで金属製炭窯を挟んで熱源から遠ざけ、
   蓋を開けずにそのまま冷ましてください。

  (注:十分に冷めるまでは、決して金属製炭窯の上蓋を
   開けないでください。十分に冷める前に上蓋を開けてしまうと、
   中で炭になった新聞紙の固まりに火がついてしまいます。)

  金属製炭窯は
くり返し使用できます。
17)熱源から遠ざけて冷ました金属製炭窯の上に手をかざしてみて、
   十二分に温度が下がったことを確認できたら、
   金属製炭窯の上蓋を開けてみてください。
   中では、炭化して小さくなり真っ黒に変色した
  「古紙の炭」が完成しています。

くれぐれも火の扱いにはお気をつけください。未成年の方は大人の人と一緒にお願いします。

注・記載の内容につきましては、
「古紙の炭」の使用方法を限定するものではありません。
お客様が作られた炭からなる事故につきましては、
いかなるものに対しても、当方では責任を負いかねます。


「古紙の炭」の感想・使い方の提案やウラ技などをメールでお送りください。
こちらで一部を公開させていただいています。


購入をご希望の方は、こちらのページをご覧ください。
教育の現場でもご利用ください。



HOMEにもどる

デザインオフィス・エム
-----------------------------------
Copyright (C) 1997-2011 Design Office M All rights reserved.